MHRise | 連れているオトモの紹介と選びかた

Monster Hunter Rise
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、アルカ(@arkanaika)です!

モンスターハンターライズで一緒に狩りに出てくれるアイルーやガルク。ソロハンターにとっては頼もしく愛おしい旅のオトモですよね🐶🐱

ハンターがピンチなときにオトモのアクションが輝いて、思わず声に出したくなるようなファインプレーの数々が飛び出します。

というわけで今回は一緒に旅をしているオトモたちと選ぶときに考えていることを紹介します‼️

スポンサーリンク

ソロプレイ時のオトモたち

ロビーを作成せずひとりでゲームを楽しむ場合はオトモを2匹まで連れていくことが可能です。そのため、ハンターを強化してくれる支援アイルーと回復アイルーを連れています。

バフかけ特化型ファイターアイルー

ハンターの能力を引き上げて、相手のスキを作り出す役割を担ってもらっています。

『強化咆哮の技』『強化太鼓の技』は貴重な攻撃バフ、弓を主に使っているため『応援ダンスの技』を強走薬代わりに、ノッてきたタイミングで電転虫を当ててもらってスタンを取りに行く。素晴らしいサポートです!

  • 行動
    • Lv1: 強化咆哮の技
    • Lv5: 応援ダンスの技
    • Lv10: 強化太鼓の技
    • Lv15: 電転虫発射の技
    • Lv20: 憤怒の技
  • スキル
    • 状態異常攻撃強化の術
    • 回避上手の術

回復特化型ヒーラーアイルー

できる限り長い時間行動してもらいたいので、『電転虫発射の技』はバフかけアイルーに任せるようにして『キンダンドングリの技』を採用しています。

個人的に一番助かってるのは、やられ状態を解除してくれる『ネコ式活力壺の技』😻 弓の生命線とも言えるスタミナに大きく影響がある水属性やられを即座に回復できるのがありがたいです。

  • 行動
    • Lv1: 癒しの果実栽培の技
    • Lv5: 回復しゃぼんの技
    • Lv10: ネコ式活力壺の技
    • Lv15: キンダンドングリの技
    • Lv20: 回復笛の技
  • スキル
    • 状態異常攻撃強化の術
    • 防音の術

マルチプレイ時のオトモ

マルチプレイ時は安定性を求めて、他のハンターにも好影響を与えてくれるようなオトモを選んでいます。

『ネコ式活力壺の技』は一定時間フィールドに展開されるので、自分だけではなく他のハンターも利用してくれている場面が結構あります‼️ が、状態異常攻撃をあまりしてこない相手には『ネコ式活力壺の技』よりも『強化太鼓の技』のほうが効果的かもしれません。

万能型コレクトアイルー

  • 行動
    • Lv1: 環境生物発射の技
    • Lv5: 応援ダンスの技
    • Lv10: ネコ式活力壺の技
    • Lv15: 電転虫発射の技
    • Lv20: ぶんどりの技
  • スキル
    • 状態異常攻撃強化の術
    • 回避上手の術

1日1回は連れて行きたい控えオトモ

ボマーアイルー

実際連れて行くまではあまりピンときていなかったボマータイプですが、いざ実戦になると想像を遥かに超えたダメージを与えてくれて良い意味で期待を裏切られました。特にバチバチ爆弾ゴマのホーミング性能には驚きです。

モンスターに起爆竜弾が刺さっていたりフィールドに爆弾ゴマが展開されていると「オトモが一緒に戦ってくれている!」という安心感で満たされて、のびのびと狩猟することができます。

まだ試されていない方はぜひ一度雇ってみてはいかがでしょうか😎

  • サポート行動
    • Lv1: ネコ式起爆竜弾の技
    • Lv5: バチバチ爆弾ゴマの技
    • Lv10: 強化太鼓の技
    • Lv15: 電転虫発射の技
    • Lv20: 特大タル爆弾の技
  • スキル
    • 攻撃強化の術【大】/【小】
    • 回避上手の術
    • 防音の術
    • 毒無効の術
    • 麻痺無効の術
    • 爆破・鬼火無効の術

麻痺ガルク

フィールド内の移動が非常に楽になり、乗っている時間に関連する勲章も存在するガルク。攻守ともに優れた『護り番傘』を使って状態異常を入れてくれます。

  • 猟犬具
    • 護り番傘
    • 猛速の巻物(体力管理が不要なら薬刃の巻物も)
  • スキル
    • 状態異常攻撃強化の術
    • 回避上手の術

厳選するときの基準について

スキルについて

オトモスキル基準としては、『状態異常攻撃強化の術』(3枠)とオトモの行動時間増加につながる2枠のスキルを選ぶようにしています。ボマータイプの場合は『攻撃強化の術【大/小】』。

行動時間増加のスキルですが、『キンダンドングリの技』を採用している場合は『防音の術』、そうでない場合は『回避上手の術』を選ぶようにしています。

『回避上手の術』は回避確率が2倍程度に増えるため、アイルーの生存・行動時間を大きく引き伸ばしてくれます。ガルクは『キンダンドングリの技』が存在しないので『回避上手の術』を優先的に選ぶようにしました。

『防音の術』は相手が咆哮しているときに行動できることで、スキを逃さず起爆竜弾を当ててくれたりすることから選びたいスキルです。

他には状態異常になると走り回って機能しなくなってしまうため、各種状態異常無効のスキルを採用するのも有効な選択です👍✨

とはいえ、『回避上手の術』が優秀なので迷ったらコレで間違いないです‼️

クエストによってスキルを付け替えると考えて、『状態異常攻撃強化の術』『回避上手の術』『防音の術』を軸にタイプに応じて攻撃関連の術か状態異常無効関連の術を多く持ったオトモを雇用するのが良さそうです。

サポート行動について(アイルー)

Lv1とLv20の行動はタイプによって固定されるため割愛しますが、その他の行動について個人的に頭ひとつ抜けているなと感じているものをまとめておきます。

  • Lv5: 応援ダンスの技
  • Lv10: 強化太鼓の技
  • Lv15: 電転虫発射の技

Lv15はシビレ罠の技という強力な行動が存在するのですが、相手によって機能しないことを考えて電転虫を選びました。頭ひとつ抜けているものとしてまとめましたが、実際に使ってみるとすべての行動が面白くてハズレがなく、ポテンシャルの高いものばかりです。

オトモ装備

武器は問答無用の思考停止で麻痺(メデュレトSかラングロS)を持たせています😇 毒・爆破・睡眠などその他の状態異常もオススメです。

防具はなるべく防御力の高いものであれば、無理せず作れるものを選ぶのがよさそうです。雷神高速周回で得た潤沢な素材の1つ2つを端材に変えたり、ヤツカダキやラージャンの防具を作成したときにできた端材を使うと満足な防具が作成できます。

1匹だけ厳選するならどんなアイルーが良い…?

厳選には手間も時間もかかります。限られた時間の中で1匹だけ厳選するなら、自分ならこんなアイルーを求めます😺 状態異常武器を持たせて『竜巻旋風撃の技』をしてくれると拘束サポートとして◎

  • タイプ:
    • コレクト
  • 行動:
    • Lv1: 環境生物発射の技
    • Lv5: 竜巻旋風撃の技 (スタミナが必要な武器をメインに使うときは応援ダンスの技)
    • Lv10: 強化太鼓の技
    • Lv15: 電転虫発射の技
    • Lv20: ぶんどりの技
  • スキル:
    • 状態異常攻撃強化の術
    • 回避上手の術

まとめ

今回紹介したオトモ以外にも、少しずつ行動やスキルが違うオトモをたくさん雇用していて、相手によって入れ替えたりしています。例えば、マガイマガド相手には爆破・鬼火無効が光ったり、ヤツカダキ相手には糸拘束無効が光ったり…。各行動・スキルにはそれぞれ活躍できる場面が存在します。

一緒に冒険するだけで画面を明るく楽しくしてくれるオトモたちとの出会いを大切に、最高のパートナーを見つけてみてください🤗💕

それでは、Let’s Enjoy Hunting Life‼️


この記事についてわかりやすかった・わかりにくかった点ここがもう少し知りたいなど、ご意見やメッセージをお待ちしております‼️